2018年9月16日日曜日

2018秋〜2019春 * 北原進 展覧会のお知らせ *


長かった残暑も峠を過ぎ

空もようやく秋色を帯びてまいりました。


皆様におかれましては

お変わりございませんでしょうか。


今日は、今秋から来春にかけての

北原進の展覧会予定をお知らせいたします。




秋の長雨が続いております。

皆様、どうぞお身体をおいといになり

実り多い秋をお過ごしくださいませ。


2018年5月19日土曜日

北原漆工房展 〜 2018 木曽漆器祭 〜



青田を渡る風が清々しい季節となりました。

皆様におかれましては

お健やかにお過ごしのことと存じます。


先日の国展では

東京 国立新美術館に

足をお運びくださいました皆様には

心より御礼申し上げます。




今年ももうすぐ

木曽漆器祭がはじまります。


61日からの3日間

町通りのいつもの場所で

作品展を開催いたします。


木曽漆器祭にお越しの際には

ぜひお立ち寄りください。




"  北原漆工房展
201761()2()3()
場所:街どおりの歯医者さんの向かって左隣  map  "


2018年4月25日水曜日

2018 国展 *六本木 国立新美術館 * 5/2(水) → 5/14(月)






52()から514()にかけて

今年も六本木の国立新美術館にて

国展が開催されます。


お近くにお越しの際はぜひ

国立新美術館に足をお運びください。


2018年4月17日火曜日

ひそやかに咲く… 北原進の “桜皿”



春がゆっくりとやってくるこの地域にも

ようやく桜の息吹が感じられる季節となりました。




今年の桜は早く花が開いたせいか

やや小ぶりな気がします。


とはいえ、山深いこの地では

さまざまな種類の桜が

思いおもいの色で

山々を可愛らしく彩ってくれています。


北原進の作品は

自然からインスパイアされたものも多く

なかには桜の花をイメージしたものもあります。




木曽の山奥にてひっそりと可愛らしく咲いておりますので

いつかお目にかかる機会がございましたなら幸いです。


2017年11月25日土曜日

北原久・進 父子漆芸展 * 福屋八丁堀本店 7F 美術画廊 * 12/7(木) → 12/13(水)





冬将軍の到来が伝えられ

私の住む街も

うっすらと雪化粧の装いとなりました。


福屋さんで父が初めて個展を

開催させていただいてから

13年が経ち

今回、5回目の父子展を

開催させて頂く運びとなりました。


父、北原久が昨年亡くなりました。


父の生前中は

広島の皆様には大変お世話になり

また、素晴らしい思い出を

たくさんいただきましたこと

心より感謝申し上げます。


漆一筋に六十余年

父、久が追いけた想いを承しながら

北原進は 独自の作品を作りけています


父の遺した作品とともに

御高覧を賜れば幸いです




"  北原久・進  父子漆芸展 〜 父からの継承 〜
広島 福屋八丁堀本店 7F 美術画廊
2017127() ~ 1213()
 10:00 - 20:00 ( *最終日 - 17:00 )  "


2017年11月3日金曜日

北原久・進 木漆芸展 * 東京 べにや民芸店 * 11/11(土) ~ 11/19(日)





大阪から帰ったばかりで

宮城での展覧会 会期中でもありますが

1111日(土)から 東京にて

北原久・進 木漆芸展 がはじまります。


べにやさんでは2年に1度

展覧会を開催させていただいておりまして

前回の展覧会は 北原久の漆芸60周年と

進の木漆芸30周年を記念する展覧会でした。


この度は4回目の父子展となります。


62年の歳月を漆の仕事一筋に邁進してきた

父、久が昨年亡くなりました。


そんな父が追い続けた想いを継承しながら

北原進は独自の作品を制作し続けています。


今回は 父、久の在廊はかないませんが

11()12()19()には

進が在廊しております。


会期は1119()まで。


皆様のご高覧を賜れば幸いです。


なお べにやさんは 今夏、南青山から

駒場の日本民藝館にほど近い場所に

移転されております。


どうぞお間違いのないよう

お越しくださいませ。



" 北原久・進 木漆芸展 〜 父からの継承
20171111()1119()
1115()はお休み
東京 べにや民芸店 (10:00-19:00)
東京都目黒区駒場 1-33-8 2F (水曜定休) map "