2014年3月30日日曜日

北原進の " さくら皿 "





すっかり春らしくなってきて、
南北に細長いこの国のいたる所から、
桜の開花ニュースがきこえてきます。

そういえば、暦の上でも春分の十一候、
“ 桜始開(さくらはじめてひらく) ”
といわれる時節ですね。

そこで今日は、北原進の“さくら皿”についてのお話です。

やさしい感じをとの想いから、ひらがなで
“さくら皿”と名付けられたこの作品は、
今から7〜8年ほど前
桜の花びらに魅せられた北原の
「そのやわらかさとフワフワ感を木で表現したい」
との想いから生まれました。

木地は、やわらかくてノミ目を美しく生かせる材である栃を選び、
漆は黒漆中塗、朱漆仕上げのとても愛らしいお皿です。

使っていくうちに、よりしっとりとした質感の、
ほっこりした器になっていきそうです。

こんなふうに5枚合わせて、
満開に咲き誇る桜に見立てても楽しく 。。。



 散り始めの様相を思い思いに、
その時の気分で並べても素敵 。。。




そして、美しく散りゆく花びらに
想いを馳せるのもまた粋 。。。




季節を愛でる器として、暮らしにやさしい彩りを添え、
かけがえのないひとときに、ステキな“モノ語り”を紡ぐ器
としてお使いいただきたい"さくら皿"です。